薬剤・併用禁忌リスト 2018年8月版

 (核酸系)逆転写酵素阻害剤

エピビル®

エピビル/3TC

商品名
エピビル®
一般名
ラミブジン
略名
3TC
剤形
150mg:白色ひし形のフィルムコート錠
300mg:灰色ひし形のフィルムコート錠
粉砕・脱カプセル:△
記号
GX CJ7/GX EJ7
規格(含量)
150mg/1錠 300mg/1錠
保管方法
室温
服薬方法
□ (150mg錠)1回1錠を1日2回
□ (300mg錠)1回1錠を1日1回
食事に関係なく服用できます。
主な副作用
肝機能検査値異常(14%)、トリグリセリド上昇・コレステロール上昇等の脂質増加(14%)、貧血(6%) 、下痢(6%)
副作用の発生頻度は国内における使用成績を参考にしています。
注意事項
B型肝炎治療薬(ゼフィックス® 、テノゼット®、ベムリディ®)を服用したことのある人は必ず申し出て下さい。
腎機能低下により処方量が減量される場合があります。
薬価
150mg 840.70円 300mg 1,649.10
1日300mg処方の場合、
(150mg錠×2)30日で50,442円
(300mg錠×1)30日で49,473円
併用禁忌
なし
併用注意
①本剤の効果(血中濃度)が低下する可能性がある
ザルシタビン(ハイビット)

②本剤の副作用が出現(血中濃度が上昇)する可能性がある
スルファメトキサゾール・トリメトプリム合剤(バクタ、ダイフェン)

③併用薬の効果(血中濃度)が低下する可能性がある
ザルシタビン(ハイビット)