病気の基礎知識

HIV感染症とは

病気の自然経過

● HIVに感染すると主にCD4陽性リンパ球に感染し、その数が減り、日和見疾患にかかりやすくなります。 正常値は500~1000/ µLで、200/ µLを下回ると、病気を起こしやすくなります。
● HIV感染成立後にウイルス量は一過性に増加し、6ヶ月後にある一定レベルに保たれます。 ウイルス量が多いと病気の進行速度が早いと言われます。

HIV感染症≠AIDS発症

● AIDS発症とは、23の指定された日和見疾患のいずれかを発症した状態をいいます(日本の場合)。

<CD4数とおもな日和見疾患の関係>

● 検査結果には多少の誤差やその日の体調による変動がありますので、前後のデータで傾向を見ましょう。