病気の基礎知識

非常時に備えましょう

状態の把握

● 非常時に備え、ご自身のデータや処方薬名を把握しておきましょう。 おくすり手帳の持ち歩きも有用です。

他の病院に受診したら?

● 処方されたくすりとHIVのくすりに相互作用がある場合があります。くすりノートで確認しましょう。かかりつけの病院や薬局に飲み合わせを確認しましょう。

転居・転院が必要になったら?

● 全国にHIV診療が可能な病院があります。
● 土日夜間診療している場合もあります。
● 医療費助成の手続きに時間を要するため、予定がわかり次第、かかりつけの病院に相談しましょう。

海外に行くことになったら?

● 滞在先や期間によって事前に情報を集める必要があります。診断書などの提出を求められることもあります。
● 時差がある国に行く場合は、内服時間を確認しておきましょう。
● HIV感染者に対する入国条件がある国があります。渡航前に大使館のサイトなどで情報を確認しましょう。

HIVのくすりを紛失したら?

● 紛失したくすりの再処方及びくすりの代金は、全額自己負担となります。
● 「被保険者が保険医より薬品の授与を受け、持ち帰りの途中又は自宅において薬品を紛失したために(天災地変の他やむを得ない場合を除く。)保険医が再交付した場合は、その薬剤の費用は、被保険者の負担とする。」と法令で定められています。(平16保医発0227001)

HIV薬は高額ですので、くすりの管理には十分に注意しましょう。

非常事態に備えて事前に病院に確認しておきましょう。